GM
では再開します
GM
とりあえず本編に入る前にまず経験点だけざっくりわたします
GM
経験点いつものセット5点は詳細割愛
GM
エネミー撃破
GM
サンドバグ x2
グールx2
セキュリティシステムx3(呼ばれた分含む)
カレ
GM
計41点
GM
トニオの服を新調した +1p
手配書を見た+2p
遺跡の魔力を感知した+2p
怪しい現金を拾った+2p
棺をよく調べた+2p
アインを装備として認識できた+2p
遺跡の主の外行き服を手に入れ、鑑定した3p*3
リリーはアウスプフトが緊張していることに気がついた+1p
強化状態のカレを一度静めた+5p
ルゥルアとフィロウは戦闘不能のアウスプフトを助けた3p
全員無事に遺跡を脱出した+10p
GM
計80点
GM
続いてドロップ品ロール行きます
フィロウ
わあい
GM
まずサンドバグ2体
GM
6-8 サンドバグの脚(180G)
9-12サンドバグの殻(200G)
13-サンドバグの蜜(500G)x2
GM
choice[フィロウ,ルゥルア,リリー] Arianrhod(CHOICE[フィロウ,ルゥルア,リリー]) > ルゥルア
ルゥルア
3D Arianrhod(3D6) > 13[3,5,5] > 13
GM
ルゥルア
蜜……!!!
GM
choice[フィロウ,ルゥルア,リリー] Arianrhod(CHOICE[フィロウ,ルゥルア,リリー]) > ルゥルア
GM
あれっ
ルゥルア
3D Arianrhod(3D6) > 13[3,4,6] > 13
ルゥルア
大量の蜜……!
GM
続きまして
GM
グール2体
ルゥルア
……♪ 
GM
6-9 ゾンビの粉(80G)x3
10-13死者の鋭爪(200G)x3
14-グールの爪(1000G)
GM
choice[フィロウ,ルゥルア,リリー] Arianrhod(CHOICE[フィロウ,ルゥルア,リリー]) > リリー
リリー
2D Arianrhod(2D6) > 6[1,5] > 6
GM
choice[フィロウ,ルゥルア,リリー] Arianrhod(CHOICE[フィロウ,ルゥルア,リリー]) > フィロウ
フィロウ
3d Arianrhod(3D6) > 11[3,4,4] > 11
リリー
1D Arianrhod(1D6) > 1
リリー
………きたない……こな
GM
続きまして
GM
セキュリティシステムx3
GM
これはそれぞれ行ってもらおう
GM
まずはフィロウちゃんから
フィロウ
3d Arianrhod(3D6) > 10[1,4,5] > 10
GM
あ、一覧出してなかったw
フィロウ
隠しかと思った
GM
6-8 鉄(100G)
9-12ゴーレムの宝石(150G)x2
13-ゴーレムの大宝石(1500G)
GM
なので宝石
GM
お次はルゥルアちゃん
ルゥルア
3D Arianrhod(3D6) > 13[3,4,6] > 13
GM
リリーちゃん
リリー
3D Arianrhod(3D6) > 12[1,5,6] > 12
GM
では最後にカレかなー
GM
6-9 ゴーレムの宝石(150G)x6
10-13ゴーレムの大宝石(1500)x2
14-黄金のパーツ(10000G)
GM
choice[フィロウ,ルゥルア,リリー] Arianrhod(CHOICE[フィロウ,ルゥルア,リリー]) > ルゥルア
ルゥルア
3D Arianrhod(3D6) > 12[3,4,5] > 12
リリー
………きらきら
ルゥルア
……きれい
GM
サンドバグの蜜x4 (2000G)
ゾンビの粉x3(240G)
死者の鋭爪x3(600G)
ゴーレムの宝石x4(600G)
ゴーレムの大宝石x3(4500G)
計7940G
一人あたり2646G
GM
ではこれはダーウードの街に帰った時に換金するということで
ルゥルア
了解
GM
次のクライマックス語にまとめて表示します多分!
フィロウ
らじゃ
GM
では次のシナリオに入ります
GM
よろしくおねがいします!
フィロウ
よろしくー!
リリー
…………よろしく
ルゥルア
よろしくする
GM
精根尽き果て泥のように眠った君たちは
GM
食べ物の焼ける匂いで目が覚める
フィロウ
ん・・・くんくん
リリー
…………うぅ
GM
ルゥルアちゃんはもちろん知っている料理で
ルゥルア
…………美味しそうな匂いがする
GM
パンのような匂い、煮た豆の匂いがします
リリー
…………ごはん?
ルゥルア
……ほっとする
GM
そしてドアの向こうから君たちを呼ぶ声がする
ルゥルア
声を聞かずとも食べ物の匂いにつられて匂いの方向へ行きますね
アウスプフト
やあ君たち起きたかい?ご飯出来たからこちらにおいでよ
ルゥルア
!!
リリー
…………!
ルゥルア
……体、大丈夫?
アウスプフト
もう大丈夫さ!心配掛けたねごめん!
フィロウ
よかった・・・
アウスプフト
とりあえずご飯にしよう、出発するにもまずはご飯だ
ルゥルア
こくこくと力強く頷きます
アウスプフト
じゃ、こっちで待ってるからねー
GM
アウスプフトが戻っていくのがわかります
フィロウ
早く食べて出発しなきゃ
ルゥルア
……うん とご飯の部屋に行きます
リリー
ついていきます
GM
君たちがリビングと思われる部屋に行くと
GM
大きなテーブルに3人分の白いパン、豆のスープ、豆のサラダが並んでいる
リリー
…………おいしそう
ルゥルア
……!!(目がきらきらします
フィロウ
じゅるり
ルゥルア
えっと……これいただいても、良い? と聞きます
アウスプフト
さあさあ食べていってくれ、口に合えばいいが
アウスプフト
もちろんさ!
リリー
食卓に着いてお祈りを捧げます
フィロウ
神様中略いただきます
アウスプフト
(あ、一応今は白い装束は着てないはず)
ルゥルア
……いただきます (即もぐもぐ
リリー
…………もぐもぐ
ルゥルア
この料理、アウスプフトさんが……?
アウスプフト
うん、一応ね
GM
(ちなみに豆のサラダからはレモンの風味とオリーブオイルの香りがしますね)
ルゥルア
……すごい
ルゥルア
…………疑問。エクスマキナもご飯食べる?
アウスプフト
基本食べないけど食べようと思えば食べられるよ
アウスプフト
味もわかるし
アウスプフト
他のエクスマキナがどうなのかは資料が足らないなあ……
リリー
ご飯を食べながらアウスプフトをジーっと見ています
アウスプフト
えっ……どうかした……?
ルゥルア
なるほど。興味深い……
リリー
…………あなた
リリー
…………おにんぎょうさんだったのね
フィロウ
!?
ルゥルア
!?
アウスプフト
あ、えっ
アウスプフト
まあ……そうかなあ……
リリー
ずっとジーーっと見ています
ルゥルア
エクスマキナ、機械の体と人の心を持った種族。身体はそうかもしれない、けど少し違う……
アウスプフト
我々も生きてはいるからねえ
リリー
いのちのあるおにんぎょうさん…………?
アウスプフト
それが一番近いかなあ、こうやって修理もできることだし
リリー
ふーん
リリー
わたし……おにんぎょう……すきよ
ルゥルア
自我と意識があるということは呪いや精神ダメージも効くはず……といってアウスプルトをじっとみます
アウスプフト
あ、あ、うん……
フィロウ
(なんか難しい話してるな・・・)
アウスプフト
そうだねー、他の種族よりは聞きにくいかもしれないけど
アウスプフト
あとはあれかなあ、我々は生殖しないからそういう誘惑には強いかもねはっはっは
リリー
…………!
ルゥルア
……エクスマキナ、どういった悪夢、見るのかとても気になる
リリー
そわそわしながら二人の会話を聞いています
アウスプフト
他の種族にとって夢は記憶の整理だ
アウスプフト
つまり起きているときに夢の記憶があるから起きたときに夢として認識される
アウスプフト
と我々は考えてるんだけど
アウスプフト
基本的に眠らない我々もスリープモードに入ることで意識を失う事はできる
ルゥルア
……ふむ
アウスプフト
その後に夢の記憶として定着はしてないから夢を見るのかどうかは実際わからないんだなあ
アウスプフト
見ているかもしれないしみていないかもしれないけど記憶としては残らない
リリー
…………(非常に複雑な面持ちで豆のスープをかき混ぜています)
アウスプフト
特にそうだなあ
アウスプフト
スリープモードに入るとすべての運動能力が切られてしまうから
アウスプフト
他の種族みたいにうなされて険しい顔をしたり、声が出てしまうということもない
アウスプフト
だから悪夢を見ているかどうか、は見ている最中のエクスマキナにしかわからないわけだな
アウスプフト
ちょっとどんなもんかは興味あるけどねはっはっは
リリー
…………ほかのエクスマキナも……そうなの?
アウスプフト
そのへんは基本的にそうじゃないかなあ?
リリー
せいしょくきのうも?(真面目な顔)
フィロウ
(!!)
アウスプフト
そうだねー、基本的に我々は量産されるものだからね
リリー
…………そう
アウスプフト
(なんか急にすごく饒舌になった気がする……)
リリー
…………(うつむいて何かを考えています)
ルゥルア
……アウスプフトさんの話、とても面白い。夢は必ずしも記憶に残るものじゃない。その点は私たちも一緒。
ルゥルア
呪いで悪夢を見せることはできても、悪夢の内容は私にはわからない。あなたが覚えていなかったら見てないのと一緒……
ルゥルア
でも起きた時に精神ダメージを受けていたらやはり見ていたりする……?
ルゥルア
(悩みながらもぐもぐしています
アウスプフト
どうなんだろうねえ
アウスプフト
考えるに、スリープモードに入ってる間その直前の記憶を保持するという点では
アウスプフト
スリープモード中も何らかの回路が働いているはず、だとするとそこに何らかのダメージを与えることで
アウスプフト
スリープ解除後に影響を与えることは可能、と考えられなくもないかな
ルゥルア
……ふむ。(もぐもぐ
フィロウ
うーん?(もぐもぐ)
ルゥルア
じーーーーっとアウスプフトを見る(……実験したい、すごく)
アウスプフト
うーん、面白い話ができたなあ
アウスプフト
この一件が片付いたら先生にもこの話をしてみよう
ルゥルア
……是非。希望あれば実験、協力する
アウスプフト
まあこの家で稼働可能なのはぼくだけだからなあ
リリー
…………
ルゥルア
エクスマキナ、文献でしか知らなかった。だからその生態に興味ある……
リリー
…………あの
アウスプフト
うちの先生はエクスマキナの研究者でもあるよ、
アウスプフト
もっともぼくを治すために働きすぎで爆睡中だけど
リリー
…………あの、ひとつききたいの とアウスプフトに向かって言います
アウスプフト
うん?
リリー
……エクスマキナの国はないの?あなたと……同じしゅぞくだけの国
アウスプフト
さあ・・・聞いたことがないなあ
アウスプフト
そもそも我々にエクスマキナである、というアイデンティティが存在するかが謎だなあ
アウスプフト
普通に考えたらそういうアイデンティティ持たせて生むといつか反乱を起こす
アウスプフト
とぼくがエクスマキナの製作者なら考えるね
ルゥルア
そっと頷きます
リリー
……………………そう(明らかに落胆しています)
アウスプフト
さて、食後にコーヒーはいるかな?
アウスプフト
とコーヒーを取りに行きます
ルゥルア
……頂く。
アウスプフト
じゃあどうぞー
アウスプフト
といってコーヒー持ってきます
フィロウ
・・・ミルク多めで
ルゥルア
……ありがとう。といってそのまま飲みます
リリー
…………(コーヒーの水面を見つめています)
アウスプフト
フィロウちゃんのにはミルク入れてます
ルゥルア
……懐かしい味がする。師匠がよく飲んでた。
フィロウ
ありがとう・・・こくこく
ルゥルア
……すっきりした苦味が美味しい
アウスプフト
よし、飲んだらこれからの予定を話し合おうか
ルゥルア
……そうする。計画を立てること大事
ルゥルア
飲み終わったのを片付けます
ルゥルア
リリーさん、コーヒー苦手……?
リリー
…………!(ルゥルアに話しかけられてハッとします)
リリー
……………………こうちゃのがすき
リリー
でもいただくわと言って飲み始めます
アウスプフト
こっちはコーヒー飲む習慣のほうが多くてねえ
アウスプフト
紅茶はなかったよごめんねー
リリー
…………いいの(コクコク)
アウスプフト
よし、とりあえずコレを見てほしい
ルゥルア
見ます
GM
さっき即興で書いたから適当オブ適当だけど実際はちゃんとした地図を見てると思ってくださいw
アウスプフト
さて、昨日先生から聞いたと思うけど今我々がいるのがここ
ルゥルア
えっと、私たちは今どこに……?
アウスプフト
といって✗を指差します
ルゥルア
……ふむ。ダーウードからそれなりに距離ある
アウスプフト
そうだね
リリー
あいだに……川
アウスプフト
うん、割と大河だよ
アウスプフト
川幅は500mくらいかな
ルゥルア
……泳ぐのとても厳しそう
アウスプフト
そう、だから渡し船を使う
アウスプフト
直線距離で行くなら遺跡の前を通ってダーウードへ行くことになる
リリー
(船と聞いて不安げな顔)
ルゥルア
なるほど……ただ遺跡の前は危険。だから遠回りで別のルート。それでこのA地点に向かう……?
アウスプフト
そういうことになるね
アウスプフト
まずはここを目指す、赤矢印の部分だ
アウスプフト
ここに渡し船があるからここで川を渡り
アウスプフト
次にここ
アウスプフト
ここは昔の坑道の後のようでね
ルゥルア
……ふむ
アウスプフト
ここを抜けてこっちに行くというのが先生のプランだ
アウスプフト
ここならカレを回避できてかつ時間はそこまでかからないだろう
アウスプフト
日射にさらされることもないから体力を奪われることもない
アウスプフト
問題は、この坑道がとても古いということだ
アウスプフト
そして普通坑道といったら地下を抜けるわけじゃなく山を抜けるものだ
ルゥルア
……地下坑道。何の坑道……?
アウスプフト
それはおそらく地下に眠っていたダイヤモンドなんじゃないかと先生は推察してた
アウスプフト
そしてこの坑道はそれだけじゃなく、生活路としても使われていた可能性がある
アウスプフト
それこそ例の遺跡を作った人々がこの辺りに街を構えていた頃のね
アウスプフト
それだけ古いということは当然崩落の危険はあるし、何よりあの遺跡と関連してる可能性もある
ルゥルア
……!!遺跡に繋がる通路も存在する……?
アウスプフト
あるかもしれないね
アウスプフト
流石に遠いからカレがここの中まで追ってくるとは考えにくいんだけど
リリー
こうどうに……モンスター……いる?
アウスプフト
別の機構が働く可能性はある、流石に生活路の中まで防衛している可能性は低いと思うんだけど
アウスプフト
モンスターは住み着いてるだろうね
アウスプフト
ぼくらはこの坑道はしっかり調査したことがない
アウスプフト
利用していたとしても生活路程度だろうから大した遺物は発見されないと考えてるからね
リリー
じかん……どれくらい?
アウスプフト
坑道を通った場合時間の差は6~8時間程度と考えてるよ
アウスプフト
無論、地上ルートにカレが出ない場合と比べての話だけどね
ルゥルア
……砂嵐の発生や砂の歩きにくさを考慮すると地下坑道の方が確実に早いと推測する
アウスプフト
ちなみに北側を大きく迂回するルートについてだけど
アウスプフト
この大河に渡し船がないのでそこは通れないと考えていい
アウスプフト
大河を泳ぐつもりなら止めないけどね
ルゥルア
この前溺れた。私、流される自信ある
リリー
フルフルフル
フィロウ
カレに合わないで済むなら・・・
ルゥルア
フィロウさんくらいしか泳ぎきることできない、多分
アウスプフト
でもよく考えてみたらフィロウちゃんはアインを持ってるんだよねえ
フィロウ
持ってるよ?
アウスプフト
アレを持って川を渡るなんて盗賊団の遺体処理みたいだなはっはっは
フィロウ
・・・?
ルゥルア
…………確実に殺すならおもりつけた上で手首縛る、多分
アウスプフト
(・・・・なんで詳しいんだ・・・?)
リリー
…………ざんこく
ルゥルア
夜にあの大河に近づくことは推奨しない……
アウスプフト
と、とりあえず直進するか坑道を使うか
アウスプフト
その2つのルートがあるけどどっちがいいかな?
フィロウ
坑道がいいと思う
ルゥルア
……時間面を考慮して、坑道ルートを私は支持したい
リリー
コクコク
フィロウ
カレから逃げ切るのはむずかしそう
アウスプフト
そうだね、カレはしつこいからね
フィロウ
くやしいけど
ルゥルア
……。フィロウの言葉に頷きます
アウスプフト
この間のカレの様子を見てて思ったけど
アウスプフト
復活が恐ろしく早かった
アウスプフト
通常は1時間程度は沈黙してくれるんだけどね
アウスプフト
それを持っている以上カレを撃退するのは難しいと考えるべきだ
アウスプフト
というわけでみなも意見一致したようだし早速向かうとしようか
フィロウ
急ごう!
ルゥルア
…………アウスプフトさんも来る?
アウスプフト
うん、同行させてもらうよ
ルゥルア
……ありがとう。あなたがいるなら心強い。
リリー
……ごしゅじんさま……おこらない?
アウスプフト
先生のことかな?
アウスプフト
先生もついていけって言ってたよ
アウスプフト
せっかくだからついでに坑道の様子も見てこいってね
フィロウ
ありがとう・・・
アウスプフト
いや何、気にすることはない
ルゥルア
先生さんにも重ね重ね感謝する……
アウスプフト
とりあえず君たちにはコレをわたしておくねー
アウスプフト
とHHPPとHMPPをそれぞれ2本ずつわたします
フィロウ
!! いいの?
アウスプフト
もちろんさ、まあ途中でなにか会ってからでは遅いからね
ルゥルア
…………何故、ここまでしてくれる? あなた方のメリットを感じない。
アウスプフト
まああの遺跡絡みだからだよはっはっは
ルゥルア
……なるほど
リリー
よくわからないけど…………もらう
ルゥルア
貰います
ルゥルア
アイン、ここまで持ち出したのは初めてだといった。ならそれは興味ひかれること。……カレの行動もほぼ未調査の坑道の探索もできて一石二鳥と……
リリー
ひとつ持てないから……かえす とHHPPを返します
アウスプフト
そういうこと、それだけじゃあないんだけどねー
アウスプフト
まあその辺はヒミツさ
ルゥルア
あなた方にメリットがあるならそれでいい。今の私、返せるものがない
アウスプフト
お、まあ、持ち過ぎはよくないからね
GM
といって倉庫にしまいます、倉庫にはすごい量のポーションが入ってるのが一瞬見えるかもしれません
アウスプフト
いいんだよ、人は持ちつ持たれつだよ
アウスプフト
じゃあ準備もできたし出発しよう!
ルゥルア
……!!(すごいポーションの量。ここの施設、謎)
フィロウ
行こう!
ルゥルア
……出発する。
リリー
こくり
アウスプフト
アウスプフトが壁のはしごを登り、天井についている扉を開けると君たちは外に出ることが出来た
GM
アウスプフトが壁のはしごを登り、天井についている扉を開けると君たちは外に出ることが出来た
GM
外に出た君たちが目にしたのは砂漠にポツンとある小さいオアシスだった
ルゥルア
……何故こんなところに家を?
GM
小さな池とその周りに生えるヤシの木、ちょっとした草むら、そして小さめの小麦畑だった
アウスプフト
先生はあまり人と交流を持たない
アウスプフト
いわゆる人嫌いなんだよ
アウスプフト
ここは殆ど誰にも知られてない小さな小さなオアシスだ
アウスプフト
我々だけならある程度自給自足も可能だからね
アウスプフト
先生の研究にはぴったりな場所だ
リリー
しずかで…………いいところ
アウスプフト
まあ寂しい場所かもしれないけどねはっはっは
フィロウ
さみしくなったりしない?
ルゥルア
……この小さなオアシスなら確かに地図にも載らない。ある程度砂漠を旅した。けど私、知らなかった
アウスプフト
さみしいかー……まあ前まで妹がいたからねえ
アウスプフト
割とにぎやかだったよ
アウスプフト
もっとも研究してるからさみしさとかあんまり感じないのかなあ
リリー
……いもうとも……エクスマキナ?
アウスプフト
ううん、妹は先生の実子でヒューリンだよ
アウスプフト
血はつながってないと言ったのはそういうことだね
アウスプフト
まあ小さい頃から兄をやってるから実の妹みたいなもんさ
リリー
ふーん
ルゥルア
おもむろにアウスプフトの肘辺りを触ります
アウスプフト
おおっと球体関節に興味があるのかい?
ルゥルア
……興味とてもある。アウスプフトさん、エクスマキナに見えないから
アウスプフト
ま、みんなびっくりしちゃうから普段は隠してるよ
ルゥルア
関節見えなければわからない。不思議な感触……
リリー
リリーも後ろからジーっと見ています
アウスプフト
色々隠すようにしてるからねー
アウスプフト
ちなみにこの肌の色もこの地域にあわせて塗ってあるだけだよ
ルゥルア
確かに……その見た目で街に行っても疑問にも思わない。
ルゥルア
リリーさんも球体関節に興味ある……?
リリー
…………う(見ていることがバレておろおろしています)
ルゥルア
アウスプフトさん、リリーさんも触ってもいい……?
リリー
えっ
アウスプフト
えっ別に構わないけど
ルゥルア
……許可もらった。とリリーをじっと見ます
リリー
う…………う…………
リリー
…………
リリー
…………
リリー
…………
リリー
…………
リリー
…………いい(逡巡したのちに断ります)
リリー
…………
ルゥルア
……?(すごく触りたそうに見えたのになんでだろうという顔
リリー
い……いそがなきゃ……(すたすたと歩きだします)
アウスプフト
そうだねー
アウスプフト
行こうか!
ルゥルア
……行く
フィロウ
行こう!
GM
といったところで今日はお開き
GM
お疲れさまでした!
ルゥルア
お疲れさま
リリー
…………おつかれさま
フィロウ
おつかれさまー
GM
目が覚めた君たちを待っていたのは昨日負傷したアウスプフトだった!
GM
この地方の朝食を食べ、いざダーウードへ!
GM
遺跡を通らないルート、坑道ルートには果たしてどんな困難が待ち受けているのか!
GM
次回、川を越え坑道へ!
GM
お楽しみに!
[雑談]system
[ アウスプフト ] HP0 → 62
[雑談]system
[ アウスプフト ] MP83 → 131